ケラチンって髪を構成するものだから、ケラチン塗ったらいい?

ケラチンという名前を聞いたことがありますか?これは髪を構成する主成分です。実は、ケラチンは18種類のアミノ酸から作り出されたたんぱく質なので、いかに良質なアミノ酸を取るかということが、育毛にとって大切な事だと言えます。髪の毛を構成するケラチンの元となるアミノ酸には、体内で合成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸も入っているので、日々の食事で意識的に摂るようにすると良いでしょう。ちなみに、乳製品や大豆製品には必須アミノ酸が豊富に含まれているので、育毛には最適な食品です。日々の眠りの質を上げるのは育毛にとって必要不可欠な事で、例えば育毛剤などの効果が出やすくなるといったメリットがあります。というのも、睡眠中、体の中では成長ホルモンという物質が分泌されており、傷んだ毛髪や体内の組織を修復し、正常な状態に戻していくためなのです。睡眠のゴールデンタイムとも呼ばれる22時から2時の間は成長ホルモンの分泌量が増える時間帯ですから、この時間はしっかりと睡眠をとっておくことが睡眠の質をさらに高めることができるでしょう。育毛中の人が、コンディショナーを使うことについてはプラスとマイナス、両方の説があります。コンディショナーの役割は、毛髪の表面をコーティングして滑らかにするものです。このコーティング成分は毛穴に詰まりやすいという特性があり、髪が抜けやすくなるため、コンディショナーは育毛中は使わない方が良いということになるようです。ただ、最近は育毛用のコンディショナーが売られていますし、頭皮の毛穴詰まりを防ぐために丁寧に洗うことで問題なく使うことができます。育毛に関しては多くの俗説が出回っていますが、筋トレが原因の薄毛があるというのもこの一つです。薄毛の原因となる男性ホルモンが、筋トレによって増加することが理由らしいのですが、実際は筋トレと薄毛には特に関連性はありません。けれど、例外もあります。それは、AGAの人です。この場合は、抜け毛が酷くなるかもしれません。男性ホルモンを脱毛ホルモンに変換する物質の分泌が多いAGAでは、筋トレによる男性ホルモンの増加の影響を大きく受けるからです。生き生きとした髪を作るにあたって亜鉛を摂ることをおススメします。亜鉛は摂取したタンパク質を髪の毛と結びつけるのに重要な栄養素なのです。さらに、薄毛を進行させるDHTという成分を抑える効果があることが分かっていますから、育毛と薄毛の両方に役立つ成分だと言えるでしょう。亜鉛を効果的に摂取できる食品といえば、豚のレバーや牡蠣、牛肉が挙げられます。薄毛や抜け毛の症状が重く、本気で育毛治療に取り組みたいというのなら病院で治療を受けるのが良いでしょう。ただ、そこまで酷くない場合や、薄毛を予防する目的ならばおうちで出来る、頭皮や頭髪のケアを試してみてください。高価な道具を揃えなくても、バランスの良い食事を心掛けたり、飲酒やタバコを控える、それに軽い有酸素運動と入浴で血行を促進させるといった、健康的な生活へ変えていくことで、髪の毛も健康になっていきます。お手持ちの薬の効能欄などを確認すると分かると思いますが、副作用について何も書かれていないような薬はありません。これは育毛剤についても同じです。処方箋で出された育毛剤については担当医や薬剤師からの注意を聞いて、説明通りに扱えば、効果的に使えるはずです。しかし、個人輸入で育毛剤を購入しようとするのなら、その育毛剤の使い方や副作用の現れ方などをきちんと確認してから服用するようにしましょう。ヒトの体は60%が水分で出来ています。ですから、健康を考えると、一日当たり3リットル程度の水分を摂取した方が好ましいといえます。水分が欠乏してくると血液が濃くドロドロになって、血行不良になりやすいのです。そうすると、血流にのって髪に届くはずの栄養素が髪に届かなくなり、髪が抜けやすくなったり傷みやすくなってしまうでしょう。さらに、水分が不足すると肌の状態も悪化しますから、素肌と地続きである頭皮にも良くありません。日本人の多くは温泉好きですが、泉質によっては育毛にも効果が期待できるようです。具体的に言えば、酸性の泉質を持つ温泉です。この泉質の特徴である毛細血管を広める働きのおかげで、滞っていた頭皮の血行が促進されます。酸性の性質を持つ温泉は、主に炭酸泉と硫黄泉ですが、その数が多いのは硫黄泉です。ただ、こうした泉質の温泉は刺激が強く、皮膚炎を起こすリスクがあるため、皮膚の弱い人はあらかじめ医師に相談した方が良いでしょう。意外と忘れがちなのですが、育毛ケアをする場合はくしやヘアブラシにも気を掛ける必要があります。なにより、直接髪や頭皮を刺激するものですから、髪の悩みがある場合は頭皮や髪に与える刺激が出来るだけ少ないものを選んであげるようにしましょう。例えば、くしの尖端が尖っていると、頭皮を傷つける恐れがありますし、安価なナイロンブラシは静電気で髪の毛が絡まることがあるため止めておきましょう。お金はかかってしまうのですが、天然素材が使われているヘアブラシの方が育毛においては最適だと言えるでしょう。洗い流さないトリートメント 縮毛矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です